研究教育業績集 甲斐広文先生 教員生活25周年および教授就任10周年記念
32/68

28 24. 杉山直和. 生体内遊離N-アセチルノイラミン酸の選択的定量法の確立とその応用-生理学的・病態生理学的意義の解明の試み-. 論文博士(宮田研究室). (1990(H2)).

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です