研究教育業績集 甲斐広文先生 教員生活25周年および教授就任10周年記念
49/68

かいけん730ブログより最近の研究室セミナーの紹介 (2011.4月~10月) http://softsync.typepad.jp/molmed730/ 2011年10 月27日 (木) ワクチン療法の副作用軽減のために 2011年のNature Med.8月号の論文から薬学科4年のタニグチ君のプレゼン。水酸化アルミニウム(Alum)は免疫増強のためのアジュバントとして使われ、子宮頸癌ワクチン(サーバリックス)にも添加されているが,副作用としてアレルギー反応が出るという.IgEの産生を促すことがその一因とされている。この論文は、Alumが投与局所の細胞を破壊し、遊離されたDNAがIrf3経路を介して IL-12の産生を促し、抗原を認識した局所の炎症性単球が近傍リンパ節に遊走し、樹状細胞に成熟後、Th2経路を介してIgE産生を促すことを明らかにした。ワクチンと共にIL-12抗体を局所に投与すると、IgE産生は50%程度抑制され,一方、IgG1産生は影響受けないという。副作用が少ないワクチン開発において重要な知見かもしれない。 追加情報(OBのFukuda君より) 「確かに動物実験ではアルミアジュバントはIgEの産生を増強するために加えることが多く、ヒト用のワクチンアジュバントとして承認されたのがアルミしかなかったのは不思議でした。 ワクチンメーカーの方に伺っても副反応(ワクチンの世界では”副作用”ではなく”副反応”と呼ぶらしい)としてアナフィラキシーは知られており、特に製造過程に卵を使用するインフルエンザワクチンでよく知られているようです。 このIgEの産生を抑制する試みは以前から検討されており、リポソームを用いた方法は面白いと思います。 http://www.mendeley.com/research/suppression-specific-ige-antibody-responses-liposomeconjugated-ovalbumin-mice-sensitized-ovalbumin-via-respiratory-tract/ http://www.ingentaconnect.com/content/ben/cdtiemd/2003/00000003/00000002/art00003 IgEを抑制するだけでなくCTL活性も誘導できるようになるようです。 http://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/25/1/29/_pdf/-char/ja/ 現在いろん

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です