遺伝子機能応用学研究室

トップページ
研究室概要
スタッフ紹介
大学院入学希望の方へ
ラボマニュアル
研究実績
研究室マップ
リンク集
フォトアルバム
熊本大学薬学部へ
熊本大学薬学教育部へ
お問い合わせ

 

研究実績
 
論文・特許 <- 戻る
2016年2015年2014年2012年2011年2010年2009年2008年2007年
2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年
2013年

Taura M, Kariya R, Kudo E, Goto H, Iwawaki T, Amano M, Suico MA, Kai H, Mitsuya H, Okada S.
Comparative analysis of ER stress response into HIV protease inhibitors: lopinavir but not darunavir induces potent ER stress response via ROS/JNK pathway.
Free Radic Biol Med. 2013 Dec;65:778-88. doi: 10.1016/j.freeradbiomed.2013.08.161.

首藤 剛
染時の自然免疫受容体toll-like receptor-2(TLR2)の発現・機能調節とその炎症応答に関する研究
薬学雑誌.2013;133(12):1401-1409

Hiraoka N, Arai Y, Takahashi KA, Mazda O, Kishida T, Honjo K, Tsuchida S, Inoue H, Morino S, Suico MA, Kai H, Kubo T.
Mild electrical stimulation with heat stimulation increase heat shock protein 70 in articular chondrocyte.
J Orthop Res. 2013 Jun;31(6):894-900. doi: 10.1002/jor.22307.

Komatsu K, Lee J, Miyata M, Lim J.H, Jono H, Koga T, Xu H, Yan C, Kai H, Li J.D
Inhibition of PDE4B suppresses inflammation by increasing expression of the deubiquitinase CYLD.
Nat Commun. 2013;4:1684. doi: 10.1038/ncomms2674.

Fukuda R, Suico MA, Koyama K, Omachi K, Kai Y, Matsuyama S, Mitsutake K, Taura M, Morino-Koga S, Shuto T, Kai H.
Mild Electrical Stimulation at 0.1-ms Pulse Width Induces p53 Protein Phosphorylation and G2 Arrest in Human Epithelial Cells.
J Biol Chem. 2013 May 31;288(22):16117-26. doi: 10.1074/jbc.M112.442442.

 

2012年

 
 

 


当ウェブサイトの著作権は、熊本大学大学院薬学教育部遺伝子機能応用学研究室に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。
大学院医学薬学研究部へ 熊本大学へ サイトマップ 大学院入学希望の方へ