遺伝子機能応用学研究室

トップページ
研究室概要
スタッフ紹介
大学院入学希望の方へ
ラボマニュアル
研究実績
研究室マップ
リンク集
フォトアルバム
熊本大学薬学部へ
熊本大学薬学教育部へ
お問い合わせ

 

研究実績
 
論文・特許 <- 戻る
2016年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年
2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

2015年

Kai Y, Tsurekawa Y, Fukuda R, Omachi K, Piruzyan M, Okamoto Y, Motomura K, Suico MA, Shuto T, Kondo T, Araki E, Kai H.
The effect of mild electrical stimulation with heat shock on diabetic KKAy mice.
Integr Mol Med. 2015 Dec 17; 3: DOI: 10.15761/IMM.1000190.

首藤恵子,水之江翔太,甲斐広文,首藤 剛.
難治性気道炎症疾患における感染誘導性IL-8産生に対するIL-17Aの作用
アレルギーの臨床 2015 Dec 20; 35(13): 47-52.

Yokoyama T, Takaki S, Chosa K, Sato T, Suico MA, Teranishi Y, Shuto T, Mizuguchi M, Kai H
Structural stabilization of transthyretin by a new compound, 6-benzoyl-2-hydroxy-1H-benzo[de]isoquinoline-1,3(2H)-dione
J Pharmacol Sci. 2015 Dec; 129(4): 240-243.doi:10.1016/j.jphs.2015.09.006

Koga T, Suico MA, Shimasaki S, Watanabe E, Kai Y, Koyama K, Omachi K, Morino-Koga S, Sato T, Shuto T, Mori K, Hino S, Nakao M, Kai H.
Endoplasmic Reticulum (ER) Stress Induces Sirtuin 1 (SIRT1) Expression via the PI3K-Akt-GSK3β Signaling Pathway and Promotes Hepatocellular Injury.
J Biol Chem. 2015 Dec 18; 290(51):30366-74. doi: 10.1074/jbc.M115.664169.

Kadowaki H, Nagai A, Maruyama T, Takami Y, Fitrah PS, Kato H, Honda A, Hatta T, Natsume T, Sato T, Kai H, Ichijo H, Nishitoh H.
Preemptive quality control protects the ER from protein overload via the proximity of ERAD components and SRP.
Cell Rep. 2015 Nov 3; 13(5):944-56. doi: 10.1016/j.celrep.2015.09.047.

甲斐 広文, 近藤 龍也, 荒木 栄一
最適化された微弱パルス電流と温熱の併用療法(physical medicine)の基礎と臨床.
ファルマシア 2015 Nov 1; 51(11):1033-1037

荒木 栄一, 近藤 龍也, 甲斐 広文
細胞内ストレスと生活習慣病-分子シャペロンHsp72の耐糖能改善効果とその機序-
日本体質医学会雑誌 2015 Oct 31; 77(3):163-166.

Susuki-Miyata S, Miyata M, Lee BC, Xu H, Kai H, Yan C, Li JD.
Cross-talk between PKA-Cβ and p65 mediates synergistic induction of PDE4B by roflumilast and NTHi.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Apr 7; 112(14):E1800-9. doi: 10.1073/pnas.1418716112.

Masanori Miyata, Ji-Yun Lee, Seiko Susuki-Miyata, Wenzhuo Y. Wang, Haidong Xu, Hirofumi Kai, Koichi S. Kobayashi, Richard A. Flavell & Jian-Dong Li
Glucocorticoids suppress inflammation via the upregulation of negative regulator IRAK-M.
Nature Commun. 2015 Jan 14; 6:6062. doi:10.1038/ncomms7062

Taura M, Kudo E, Kariya R, Goto H, Matsuda K, Hattori S, Vaeteewoottacharn K, McDonald F, Suico MA, Shuto T, Kai H, Okada S.
COMMD1/Murr1 Reinforces HIV-1 Latent Infection through IκB-α Stabilization.
J Virol. 2015 Mar 1; 89(5):2643-58. doi: 10.1128/JVI.03105-14

首藤 剛
上皮型Na+チャネル過剰発現マウスを活用した閉塞性肺疾患治療標的の探索
Jpn J Clin Pharmacol Ther. 2015; 46(1):33-34.

 

2014年

 
 

 


当ウェブサイトの著作権は、熊本大学大学院薬学教育部遺伝子機能応用学研究室に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。
大学院医学薬学研究部へ 熊本大学へ サイトマップ 大学院入学希望の方へ