遺伝子機能応用学研究室

トップページ
研究室概要
スタッフ紹介
大学院入学希望の方へ
ラボマニュアル
研究実績
研究室マップ
リンク集
フォトアルバム
熊本大学薬学部へ
熊本大学薬学教育部へ
お問い合わせ

 

研究実績
 
論文・特許 <- 戻る
2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年

2003年

  • FUMIYOSHI OJIMA, TATSUO IDO, JUN HATAZAWA, MASATOSHI ITOH, HIROSHI SHINOHARA, TAKAYUKI ISHII, SHOICHI WATANUKI, SHINYA SEO, HIROFUMI KAI, KAZUO TAKAHAMA, YOSHITO NAKAGAWA AND TAKESHI MIYATA Mucociliary clearance and pulmonary epiihelial permeability of normal and acute bronchitic rabbits measured by three-dimensional PET and rectilinear scan after inhalation of 2-[18F]fluoro-2-deoxy-D-glucose, Journal of Applied Therapeuic Research, Vol.4, 11-20 (2003)

  • 首藤 剛, Li Jian-Dong, 甲斐広文. インフルエンザ菌感染症と自然免疫, 分子呼吸器病, Vol.7, No.5, 67-69 (2003)

  • 原田一恒, 沖米田 司, 首藤 剛, 甲斐広文. 嚢胞性線維症の創薬ターゲット分子, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 90-95, (2003)

  • 安東由喜雄, 甲斐広文. FAPの創薬ターゲット分子-FAPの病態解析と治療-, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 78-82 (2003)

  • 城野博史. NTHi感染による粘液過剰産生メカニズム-TGF-βシグナルのあらたな役割-, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 73-77 (2003)

  • 関 由行, メアリー・アン・スイコ, 甲斐広文. 転写因子MEF-遺伝子診断・癌治療への応用-, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 41-45 (2003)

  • 首藤 剛, 甲斐広文. 癌温熱療法増感薬の開発, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 7-11 (2003)

  • 甲斐広文. ターゲット分子と創薬-OVERVIEW-, 医学のあゆみ, Vol.207, No.1, 3-5 (2003)

  • 沖米田 司,首藤 剛,甲斐 広文. カルネキシンと嚢胞性線維症.臨床化学,2003,Vol.32, 147-153.

  • H. Jono, H. Xu, H. Kai, D. J Lim, Y. S Kim, X.-H. Feng, and J.-D. Li, TGF-b-Smad signaling pathway negatively regulates nontypeable haemophilus influenzae-induced MUC5AC Mucin transcription via MAPK phosphatase-1-dependent inhibition of p38 MAPK. J.Biol.Chem. 278, 27811-27819 (2003)

  • Z. Lu, K. Kim, M. Suico, A. Uto, Y. Seki, T. Shuto, Y. Isohama, T. Miyata and H. Kai, ETS2 is involved in protein kinase C-activated expression of granulocyte-macrophage colony-stimulating factor in human non-small lung carcinoma cell line, A549. Biochem. Biophys. Res. Commun. 303, 190-195 (2003)
2004年
2002年
 

 


当ウェブサイトの著作権は、熊本大学大学院薬学教育部遺伝子機能応用学研究室に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。
大学院医学薬学研究部へ 熊本大学へ サイトマップ 大学院入学希望の方へ